FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

それでも愛と叫ぶので 4-β

2010.05.04 *Tue
皆様、こんばんは☆
相変わらずの挨拶ですが…。

『それ愛』の4話目βです。続きから、どうぞ~♪

次の5話で一応完結です!更新は05/05、00:00を予定しております。
いよいよ、こどもの日ですね☆
あの日。感慨深い日です…。
 
 
◇◇それでも愛と叫ぶので◇◇

④-β side Hikaru♀


「…オマエ、院生になれよ!」

「えっ?」


多面打ちが終わった後…こっそり控え室を借りて、オレ達は再会を喜んでいた。

彼女はこの半年、習い事を全てやめ、毎日碁会所に通い…
お母さんの反対を押し切ってまで、毎晩ネット碁で懸命に対局する様になった。
詰碁や手筋の勉強も欠かさず、ベットの中や最近では学校に本を持っていって
昼休みにも勉強しているらしい。


「院、生、ですか?でも、わたし…先生の詰碁何回考えても解けなかったし、
 今日の対局も…。」

「だからだよ!約束は約束だから、今はオマエを弟子には出来ない。
 でも、オマエは諦めてないんだろ?プロになる事!」

「はいっ!もちろんですっ!」

「なら、院生になれ!…幸い、1月期の院生試験が12月にある。
 今月末までに申し込めば受けられるから…。」

「でも、先生、わたし…。」

「でも、じゃないっ!オマエにはもう時間がないんだぞ!?」

「それって、どういう…?」

「…院生試験受けられるのは、その年度内に14歳になるヤツまでだ。
 しかも、14歳なら六段以上。だから…オマエにはあと2年くらいしかない上に、
 遅くなればなる程難しくなる。解るよな?」

「は、はい…。」

「オマエにもう一度チャンスをやるよ。この1月期の院生試験、合格したら…
 今度こそ弟子にしてやる!でも…それ以降はもうダメだ。」

オレの最後通牒に、彼女は…何かに耐える様に下唇をきつく噛み締めている。

でも…とオレは極力優しく聞こえる様に話す。

「…オマエなら大丈夫だよ。半年前は14級…オマエはこの短期間でここまで来たんだ。
 オレはオマエを信じてるぞ?」


佐為はこんなオレをいつでも信じてくれた。
オレは間違ってないよな、佐為?


「先生…わたし、院生になります!」

「よし、分かった。じゃあ、オレが志願書もらって来てやるから…
 オマエはじーちゃん呼んで来いよ。説明してやるから!」

「はい!ありがとうございますっ!」

そうして、オレ達は一旦控え室を出ていった。



「あれ?進藤君、どうしたの?」

「あ、お疲れ様です~!院生志願書もらいに来ました~!」

「誰か院生になるの?今日の大会に来てた子?」

「うん、まぁね~!」

「それにしても、懐かしいね~!進藤君もこの時期だったよね~?
 申し込み締め切ってたのに…受けさせてよ、ケチ!!って。」

「ははは~そうだっけ~?」

「ハハっ、相変わらずだねぇ。進藤君は。」

そういえば、確かにこの時期だったな~と思っていたら…芦原先生が通りかかった。
ん?デジャビュ?

「あぁ~!芦原センセ~!」

「あれぇ?進藤く~ん、何してんの~?」

「うん。芦原センセ、この後ヒマ?」

「え、まぁ。打ち合わせ終わったら予定はないけど?」

「じゃ、終わったら控え室来てよ!」

「いいけど~?なんか面白い事でもあるの~?」

「うん、ある、ある~!」

「ははっ!じゃあ、後で行くね~!」

「うん!サンキュー!」

芦原先生とのやり取りを聞いて、事務局のおじさんは…
「言葉遣いも全然直らなかったねぇ…。」
と溜め息混じりに呟いていた。


◇◇◇


「…ココがさぁ、ちょっと踏み込み過ぎだったかな?
 コレぐらいなら、仮にこうきてもこう…ね?この方がいいでしょ?」

「あ、はい。」


遠目に二人が会話してるのが見て取れて…どうやら終局したらしいな、と
オレとルイちゃんのじーちゃんは一般対局場に入ってきていた。

「あ、進藤くん!」
とオレ達に気付いた芦原先生が人好きのする笑顔で手を振っている。

「芦原センセ、どうだった?」

「うん、今検討してたんだけど…この子、面白いよ!この手…まるで進藤くんみたいで!」

「うん、うん、そうだろ~?」

「えっ?そうなんですか?」
とルイちゃんはオレと芦原先生の顔を交互に見ている。

「進藤くん、この子どこで見つけたの?」

「うん、まぁ、ちょっとね~!ま、あえて言うなら、碁の神様のオボシメシかな~?」

ね~?ルイちゃん?と言うと彼女もそうなんですか?とキョトンとしている。

「相変わらず、進藤くんは不思議ちゃんだな~!」

芦原先生はまいったよ、と頭を押さえていた。

「ま、とにかく、ありがとね。芦原センセ!」

「うん、それはいいけど…いったい、なんだったの?」

「うーん、ホントはさ~アキラにでも打たせようかと思ってたんだけどー。
 今日アイツいないからさ~。役に立たねぇ!」

「えぇっ!まさか、あの塔矢アキラ二冠ですか!?」
とルイちゃんとそのじーちゃんは顔を見合わせている。

「ハハハ!進藤く~ん、仮にもご主人様だろ?そんな風に言っていいのかい?」

「ご主人様とか…なんかヤダ!いいんだよ!今日いないアイツが悪い!」

「もう~進藤くんにはかなわないよ~!」
と芦原先生は白旗をあげ、
「そんな、滅相もないっ!」
とルイちゃんのじーちゃんは、とれるんじゃないか?というくらい
ブンブンと首と手を交互に振っていた。

「ま、とにかく…コレで棋譜が二枚書けるな?」

「は、はい…?」

「オレと芦原センセと、あとは…じーちゃんとの棋譜で三枚になるな?
 あと、コレが院生志願書。推薦者のトコはオレがサインしておいたから…。」

「あ!それで、定先だったんですか…?」

「うん、そう。置き碁は審査対象外だから。」

だから、じーちゃんにも互い先で打ってもらえよーと言うと
じーちゃんは、今は私の方が石を置くくらいで…と困った顔をし、
芦原センセは、なるほどー院生試験ね~と一人うんうんと相槌を打っていた。

「じゃ、詳しい事はじーちゃんに説明したから…一緒にお母さんを説得してもらえ!」

オレの最後の言葉にハッとした彼女はじーちゃんの顔を見て…
じーちゃんは静かにうん、と頷いていた。

「…もし、どうしてもって時はオレが説得しに行くから。」

「いえいえ、進藤本因坊にそこまでして頂く訳には…大丈夫です!必ずなんとかします!」
という力強いじーちゃんの言葉に彼女はホッとしたらしい、やっとその顔に笑顔が戻った。



そして…12月のよく晴れた吉日、オレに一本の電話が入った。


「院生試験、合格しました!」


それとほぼ同時期にオレは産休に入った。


Suivant>>
2010/05/04
Par KIA fr
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form

TRACKBACK

TrackBack List

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30



プロフィール

KIA fr

Author:KIA fr
ようこそ☆『Coucou du Japon』へ
お越し頂き、ありがとうございます!
当サイトの運営をしております、
KIA frと申しますm(_ _)m
一個人の趣味で成り立っている
サイトですので、至らない所が
多々あるとは思いますが…少しでも
多くの方々に楽しんで頂けたらな、
と思っております。
尚、当ブログのバナー以外の
画像・文章の無断転載・記載は
御遠慮頂いております。
以上、宜しくお願い致します。
             Par KIA fr

★WEBclap★             『人は何万、何億といるのに』      連載中です☆



最新記事



カテゴリ

  La liste de textes~目次~ (2)
  世界中に花束を (21)
  それでも愛と叫ぶので (7)
  果てしなく続く未来を・・・ (10)
  Le conte~SS~ (15)
  Les cadeaux~賜物&貢物~ (13)
  L'anthologie~アンソロジー~ (3)
  Merci~感謝~ (52)



月別アーカイブ



リンク

いつもお世話になっております☆

          RISUNOYADO Par 更科ゆき様            抹 茶 Par くつみがき様            立夏-ritsuka- Par 鈴木チェロ様            ぱすてる☆とらっぷ Par ひろろん様              花工房ほーむぺーじ Par MOMO様            星期二[xingqi'er](シンチー アール) Par みっしる様             ペレストロイカ Par 虎耶様            *りりめると* Par 有里ひさな様            遠幻郷 Par 嬉野ひよ様             月がとっても蒼いから Par ちぇりぃ。様             TeaBreak Par 皐月あすか様             月の庭 Par けいこ様             シンプルボーイ Par sara様             ミケ猫の隠れ家 Par ミケ猫             アマモリアメマチ Par 雨森様            ヒカルの碁検索 Par 吉野ほり様            ヒカル姫リンク Par 招来寧子様            ヒカルXアキラ♀ アンソロジー            被災地支援サイト &I Par 咲良様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ふるるか Par ひゆ様    FOG. Par 芽生様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       Les photos par KIA fr                     

※R15・R18のサイト様も含まれて          おります。



リンクフリー

『Coucou du Japon』は       リンクフリーです☆            御自由にお貼り下さい♪          御連絡いただければ喜んで        お伺い致します(^_^)/ Par KIA fr

     

http://kiafr.blog118.fc2.com/



カウンター



メールフォーム

何かございましたら、どうぞ御利用下さい(^_-)-☆

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



QRコード

QR



義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして



Copyright ©  Coucou du Japon All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。